妊活 葉酸

涙色に染まる1週間の入院生活

上の子供が生まれた時の事。
最初に思った事は「おまえさんが、お腹の中にいたんだね」っていう事でした。陣痛が長引いて吸引分娩だったため体力もかなり消耗していてぐったりしていた私は、「かわいい」というよりも、「やっと終わった」という思いの方が強かったのです。

 

母子同室の病院だった為、出産の次の日から子供と2人きりの生活が始まりました。

 

泣く、とにかく泣く。しかもでかい声で。
産後の出血がひどく、すこしうつ状態だった私の精神は、少しずつ破壊していっていました。
毎日子供と一緒に泣いて過ごしました。

 

一番ショックだったのは、いつも通り子供が泣いたので、おっぱい(母乳育児推進の病院でした。)をあげようとしたら、突然義母が入ってきて、「貸して!」と言って子供を奪い、「らーららー。よしよし。」と言いながら子供を抱っこし、子供が泣き止むと満足そうに病室を出て行った時。 

 

子供が泣き止んだ事がショックだったのではなくて、奪われた事がショックで。いつも通り見舞いに来てくれた旦那に泣きついてしまいました。旦那が義母に言ってくれて、義母が謝ってくれましたが、今思うと、そんなに落ち込むべきことではなく、むしろありがたい事だったなあと思います。義母さんごめんなさい。

 

黄疸が出て光線治療された時に自分を責めて泣いたり、旦那が市役所に出生届を出しに行ってくれて住民登録票(?)をもらってきた時は、「この子も市民と認められた」と思い、感極まって泣いたりと、ほとんど泣いて過ごしていた入院生活でした。

関連ページ

嬉しい楽しいマタニティライフ!じゃなかったお話
みなさんはマタニティライフ楽しんでいますか?嬉しい楽しいマタニティライフ!じゃなかったお話をご紹介します!
産後は妊娠前の服が入らない!
産後は妊娠前の服が入らない?私のしょっぱい妊娠後の体験についてご紹介します!
赤ちゃんって神秘ですよね〜
本当に出産ってすばらしいことです。人間の神秘です。
妊娠中、少し食べすぎちゃいました
妊娠中は、言い訳しながら少し食べすぎちゃいました・・・
私の2人目の出産の体験談につて!
私の2人目の出産体験談についてご紹介します!これから出産を控えていらっしゃる方は、参考にして頂ければと思います。
不妊治療の末授かったパパ似の宝物!
長かった不妊治療の末によーやく授かりました!パパ似だけどそんなの関係ない!とにかく嬉しくて感動なんです!